クッソ汚い絵描きのブログ

虹絵描きが主に絵以外の事を書いてます、Ninja250先輩&FZ6 Fazer S2くん&シンプロンくん(スリックMTB)乗り。淫夢要素は有りません。

現行の250ccは上の排気量に付いて行けるか?

最近は125ccや400~大型とマスツーしたり、大型自動二輪の教習を始めて排気量の違いを実感する機会が増えてきた。

そこで私が乗るninja250先輩を含め、現行の250ccで400~大型とマスツーした場合、果たして付いて行けるのか?という疑問についてちょっと書いて見たいと思う。

 

結論から言えば排気量が上でも相手のライダー次第で十分にマスツー可能だ。

この「相手のライダー次第」と言うのがとにかく重要で、規制前の250ccならともかく、現行では400cc相手でも豪快にロケットスタートを決められたら付いて行ける訳がないのだ。(相手がアメリカンだったりと車種にもよるが)

なので、現行250ccの加速力を知っており、なおかつ低排気量に配慮しながら走ってくれる紳士的な相手なら何とかなる。

250ccでもブン回せば付いて行けるだろ!と、異論はあるかもしれないが、やはりそれは上の排気量側が加速を抑えてくれているだけで、相手も一緒になってブン回されたら、少なくとも直線ではスペック的に付いて行ける訳ないゾ。

 

まぁでか過ぎるスクリーンを付けた快適装備満載のフルカウル250ccと、大排気量ネイキッドがペアで高速道路を長々走ったら、風圧的な意味で250cc側が余裕だったりする場合もあったり、また道が細く荒い酷道険道に突っ込んだ場合も低排気量が有利だったりするので、いかなるシチュエーションでも絶対に大排気量有利であり低排気量は付いていけないとは言わないが、少なくとも普通のバイパスやワインディングでは、どうしても大排気量側に加速を抑えてもらう様になる。

もちろん大排気量とのマスツーでは、相手ばかりに負担させては申し訳が無いので、峠や高速など飛ばせる区画では先行してもらい各自のペースで走り、終点で待ち合わせという、お互いがお互いを思いやる(意味深)配慮も必要だ。

 

では排気量が上のマスツー相手が結構飛ばすタイプである場合はどうなるか。

車種にもよるが、だいたい大型が信号から普通に発進する加速力=現行250ccの全力加速に近いため、普通に発進されただけで、こちらが常にスロットル全開・パワーバンドで走る事になる。(メガスポやSS相手だとこんなもんじゃないだろうが)なので、相手が少し回気味で気持ちよく発進するだけで、こちらは一瞬でミラーの点と化す訳だ。ちょっとでもその気で飛ばされたら付いて行けるわけないだろ!

 

ちなみに、わし(250cc)が125ccと何度か走った事があるが、大型相手とは逆にこちら側がある程度スタートダッシュや速度を抑えて走るようにしないと、付いてくるのが結構大変そうだった。いつだったか125ccジャメリカンと言うリアルマグナキッド兄貴と走ったが、ブン回せば80km出るから大丈夫ッス!と聞いてやさしい気持ちになりました(涅槃顔)多分大型兄貴から見た250cc少年もこんな感じなんだろうな。

マスツー前にお互いのバイクの一番振動が少なく快適に走れる速度を打ち合わせておくと良いかもしれないな。ペースが合わないのは結構大変だ。

 

まとめると、お互いに配慮し合い「一緒に走る」という合意の元に形成されるやさしい世界重点なら、異なる排気量のマスツーでも成功するだろう。(成功するとは言っていない)思い切り飛ばすタイプのせっかちな大型兄貴とマスツーする場合は、事前に察するか覚悟を決めよう。こちらが現行250ccの場合では、上の排気量に本気で飛ばされたら付いていける訳が無いのだ。

まぁ大型兄貴に限らず低排気量でも飛ばす人は飛ばすし、ほんとマスツーは相手のバイクより相手のライダーの人柄が最も重要だ。ペースが合わない人と無理にマスツーしてもお互いが不幸になるだけだしな。

 

追記:

600cc/98馬力のフェザーS2くんを増車して改めて思うけど、やっぱり大型の加速力は圧倒的だっ た。現行250ccのレブ当て全力加速は、600ccから見ればせいぜい5,000rpm程度回した普通の加速でしかない。フェザーS2くんは14,000rpmがレッドゾーンだ。

250ccの全力加速は「ウッヒョー楽しい!」と鼻歌歌う程度の感想だが、0-100kmが2.5秒台のフェザーS2くんででそれをやると、もはや息が詰まって言葉が出てこず、ケツの穴ががヒュンヒュンし本能的に死を感じてしまう。98馬力でこれなんだから、200馬力近いバイクとか想像もできないな。

では250ccとペースを合わせて走ることは出来ないのか?と言われたら、ゆっくり走ることは不可能ではないので問題なくマスツー可能だ。それにパワーを生かせない低速の峠なら軽い250ccに軍配が上がるだろう。