クッソ汚い絵描きのブログ

虹絵描きが主に絵以外の事を書いてます、Ninja250先輩&FZ6 Fazer S2くん&シンプロンくん(スリックMTB)乗り。淫夢要素は有りません。

ninja250で奇跡の一本松を見に行ってきた

f:id:corocoma:20130907094957j:plain

慣らしツーリングとして奇跡の一本松を見に行ってきた。

漢kwskは慣らし運転が必須である。ただふらふら乗り回すのもアレなので、早速往復310km、オートバイの免許を取った目的である長距離ツーリングへ慣らし運転ついでに行って来る事にした。

ルートはこ↑こ↓


大きな地図で見る

 まず初めに謝っておくと今回のツーリングでミラーレス一眼を自宅に忘れてきてしまった。なので撮影は全てスマホのエクソペリアacrohHDちゃんで行ったものになる。写りが宜しくないので許してください!何でもしますから!

 

さて、免許取得1日目の私がいきなり無茶だとは思うが気にしない。なあに心配することはない、ninja先輩はエンジン付きなんだ、少なくとも自転車ツーリングよりはずっと楽さ!

なお後にこれが大きな間違いだったことに気づく。

 

そんなこんなで奇跡の一本松駐車場に到着。進展早すぎィ!

f:id:corocoma:20130907130826j:plain

まあ途中ヤエーもらったり旧忍や骨のマスツー集団と復興セブンイレブンで出会ったり(なおコミュ症のため)地味にハンドルに響く振動や足首の負担がきつく100kmを超えた辺りで心が折れかかっていたり、色々あったのだがスマホだとあまり写真を撮る機にならなかった。

だってデジカメと違ってスマホじゃカメラの補助が受けられないじゃない(正論)

 

では早速見に行こう。

f:id:corocoma:20130907234834j:plain

f:id:corocoma:20130907131405j:plain

f:id:corocoma:20130907132007j:plain

まあ、奇跡の一本松と行っても周りは更地・建設中・廃墟・工事中とあまり楽しい雰囲気ではない。ダンプも隊列をなして土埃を上げながらがんがん通り路面状態も悪く、仕方はないがあまり観光地とはいえない状況だ。

f:id:corocoma:20130907132401j:plain

カワサキか…

f:id:corocoma:20130907132020j:plain

f:id:corocoma:20130907132538j:plain

f:id:corocoma:20130907132618j:plain

スマホじゃなければもっと細部までお見せできたであろうが、この一本松は凄まじいクオリティである。樹の皮の状態や破損箇所など生の樹とまるで区別がつかない。流石大金をかけただけ有って尋常ではない完成度だった。

写真やネットで見ると細くて今にも折れそうな感じでは有るが、実際に見ると思っていたより威圧感の有るでかさである。

 

そういえば駐車場の売店で、流された松なのか一本松なのかは失念したが松で作ったキーホルダーやその他諸々が売られていた。せっかくなので交通安全を込めて松のキーホルダーを買ってきた。

 

さて帰宅だ。

途中で道の駅を見かけたので立ち寄る。ねんがんの道の駅デビューである。

f:id:corocoma:20130907152040j:plain

よく道の駅の話を聞き行ってみたいなあとつくづく思っていたのでいい機会だった。ふかひれラーメンやふかひれソフトクリームが売られており、流石にゲテモノ臭が漂うソフトはやめておきラーメンを頂いた。

久しぶりにラーメンを食った気がする。だいたい5年ぶりぐらいかな?雪菜入りで中々おいしく楽天が7-0でリードしていた。

 

以上で初ツーリングは終了した。

免許取りたてのペーペーなので万全を期すため、1時間走ったら必ず15分の休憩を取るよう計画を立て走っていたら7時に出発して19時に帰宅となった。12時間って長すぎやしませんかね(困惑)

途中道を間違えて市街地に入ってしまい迷子になった事も時間かかりすぎた原因かもしれない。また帰り道は夜、しかも雨というバイクでは初めて体験する最悪の視界と路面だった。もうどうすりゃいいのよとクッソビビりながら走るしかなく、そしてびびってた結果間違って高速道路へ入ってしまった。

やべえよやべえよ…どうする…まだ慣らし運転中で80kmが限度だったが、丁度雨のせいで高速道路は70km制限中。これなら車の流れに乗れるぞ!と、自宅近くまでのショートカットに成功した。もしかしたら道を間違えて高速道路に入ってしまうかもしれないと思い、財布をリュックからポケットへと移動させていたことも幸運だった。(自動車免許取りたての頃に実際一回やらかした)

 

今回の教訓

・早めに出発しよう、想像以上に疲労がたまるので休憩に時間が取られてしまう。

・補給食と水は休憩ごとに確実に取ろう、スタミナが尽きたら芋を通り越して事故る。

・目薬を持って行こう、目が痛い。

・ウェットティッシュを持って行こう、排ガスで目が痛い。

・タオルを持って行こう、グローブじゃシールドの水滴は拭けない。

・積載物がなくてもタンクバッグは取り付けよう、中に小銭やタオルを入れておけば間違って高速道路に入ったりシールドが雨で見えづらくなっても安心だ。

・芋神様の気配を感じたら全力で集中しよう、お陰で一度も芋らなかった。

 

 

あとはツーリングが快適になるパーツやグッズをポチれば完璧だ。

まずはハンドルの振動とクソ硬いグリップをどうにかしなければならない。尻は自転車の拷問椅子に比べればソファーかと思うぐらい快適なので全く痛くはならないが、ハンドルの振動だけはヤバイ。時速60kmぐらいから手が電マを当てられているようにビリビリしびれて感覚が無くなっていく。

重たいバーエンドで解決できるといいが…