クッソ汚い絵描きのブログ

虹絵描きが主に絵以外の事を書いてます、Ninja250先輩&FZ6 Fazer S2くん&シンプロンくん(スリックMTB)乗り。淫夢要素は有りません。

疲れからか、不幸にも白塗りの高級車に追突されてしまう。

本日はOTNP兄貴主催のホモキャンツーに参加するため、集合場所の栃木県へ向けてホモも眠る午前五時から出発だ。

ツーリングルートは、栃木県からグンマーを掠めて新潟まで行く予定なので道中は高速一択。なのでETC割引が効く疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、 車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは・・・。

f:id:corocoma:20160612225621p:plain

 

釜掘られ事故

そんな訳で、右側にあるツイッターでも呟いていたけど、2016/6/11の午前8時過ぎ頃、ホモキャンツーの集合場所へ向かっていた当職は、フェザーS2くんに乗り信号待ちしていた所に白塗りの車に追突されてしまう。

事故の瞬間はよくスローモーションになるとか言うけど、ケツからの衝撃でバイクが前に押し出された瞬間は、停車中フロントブレーキ握ったままうっかりクラッチ離してガクンッとエンストした時のようなあんな感覚だったので、アッ!!エンスト芋だっせぇなぁ(呆れ)と結構のんきしてたのを覚えている。

しかしエンストにしては衝撃が異常だし、しかもなんかすげえ音がしたぞア゜ッー!!と言う間に投げ出され、フェザーS2くんに足を挟まれた辺りで、もしかしてこれって…エンストじゃない!?と、ようやく理解し始める感じだった。

f:id:corocoma:20160612165744j:plain

痛みで立ち上がれない当職に代わり、倒れたフェザーS2くんは、偶然通りがかった赤いパニガーレと、青いGSR750(だった気がする)のマスツーライダーさんが救援に駆け寄ってくれて、また病院で検査が終わるまでバイク預かると、事故現場から向かいにあるライダーズカフェ・ちゃちゃはうす珈紋のオーナーさんが申し出てくれた。病院がすぐ近くにあったらしく、事故からほんの数分で救急車がやってきたため、通りがかりのライダーさん2名は名前も聞けず、ロクにお礼をいう暇も無いまま搬送されていったので改めてお礼を言わせていただきたい。復活したらちゃちゃはうす珈紋さん所にも飯を食いに行ってみよう。

f:id:corocoma:20160612165730j:plain

当職の怪我は捻挫と打撲で骨に異常はないと診断されたが、記事を書いている最中に、以前体験したヘルニア未遂みたいな痛みが首に出てきており、上を向くと痛みが走るようになってきて、これはもうムチ打ち待ったなしである。

f:id:corocoma:20160612165731j:plain

それにしても前回の大洗ホモキャンツーで買った黒森峰お買い物バッグの初陣が、まさかダメージを負ったフェザーS2くんから荷物を回収することになろうとは。

しかし、もらい事故に限らず、事故は運も重要だなと思う。

今回の事故は時間に余裕がありそうだったのでと、途中から高速代をケチって下道を走っていた途中で起こったのだ。予定通り高速を走っていれば何事もなかったかもしれないし、もし道中のトイレ休憩が一回多かったり、一回少なかったりすれば、出発が数分早かったり遅ければ、途中の信号に引っかかって白塗りの車の前を走っていなければ、とか色々考えてしまう。

当職はあんまり信心深い方ではないのだけど、普段ホムセン箱に貼り付けてある来夢先輩の交通安全マグネットを今日に限って取り外していたのも、今思えば…なんて気もしてくるんだよなぁ。無茶な走りして散るなら自業自得だけど、フェザーくん戻ってきたらお参りにでも行きたい気分だ。

f:id:corocoma:20160612165721j:plain

 

帰還

そんなこんなで17時ごろ。

フェザーくんを買ったレッドバロン宮城本店までライダー共々、ようやく帰ってきた。目立った損傷箇所といえば、ナンバー周りと右側に倒れたのでステップやペダル、ハンドルからカウルなど。当職の足がクッションになったのか、意外にもタンクとクランクケースは無事。

f:id:corocoma:20160612165743j:plain

f:id:corocoma:20160612165741j:plain

f:id:corocoma:20160612165740j:plain

後はケツから突っ込まれたので、ホイールやスイングアーム、シートレールがどうなっているか。ここにダメージを負っていると、修理費が高額になりすぎ全損扱いになるかもしれないので、不人気車は辛いなサム…。幸い相手も任意保険に入っており、また当職の任意保険も交通事故に強い弁護士特約など色々突っ込んでいたため、まぁなんとかなるだろう。

それはそれとして修理の手続き中にBRNをブラブラすると、フェザーS2くんの後継機であるFZ6S(XJ6)を発見。見た目はninja250slの親玉みたいで好きだよ。

f:id:corocoma:20160612165735j:plain

f:id:corocoma:20160612165733j:plain

f:id:corocoma:20160612165732j:plain

やっぱりフェザーS2くんと比べると優等生な印象だけど、中身はツアラー性能に全振りしているそうなのでボクは遠慮します。

f:id:corocoma:20160612165739j:plain

f:id:corocoma:20160612165738j:plain

f:id:corocoma:20160612165736j:plain

f:id:corocoma:20160612165734j:plain

f:id:corocoma:20160612165737j:plain

 ninja4…ninja650!?はえ^~すっごい…初めて見た(レア車)

ひとまずフェザーくんの修理完了は、保険会社とのやり取りがあるため、早くても7月上旬になりそうとの事だった。そろそろ東北も梅雨入りだし(震え声)

 

事故当時の装備インプレ

さて普段からコミネマン装備で固めている当職だが、実際に事故ってどうだったか。

事故当時の装備は、いつものガチガチなコミネマンバトルスーツだ。YBCの時と同じ装備なので、バイクに乗った当職と出会ったことがある人は何となく想像がつくだろうが、いつも通りのプロテクターが入ったライジャケ・ライパン装備のコミネマンを想像してくれ。

全身のアーマーのおかげで肘や膝など大半は無傷だったが、足首の捻挫はウン。流石にキャンプ装備で230kgちかいフェザーくんとアスファルトのサンドイッチを食らったら、いくらコミネのスライダー付きブーツでも荷が勝ちすぎる。これはカチカチのオフブーツでもない限り負傷不可避だろう。むしろスニーカーだったら骨までいっていたかもしれないな。

それと首のプロテクターであるネックブレースも付けいたけど、今現在軽度だがムチウチの症状が出ている。首がポッキリ行かないようにする装備なので、これぐらいで済んでいるならまぁ良いか。

そんな訳で不本意ながらも初めてコミネアーマーを試す機会となったが、概ね期待通りの性能だった。今回の事から、バイクと地面のサンドイッチに耐えられるブーツを導入したいけど、もう二度とインプレしたくないぜ。