クッソ汚い絵描きのブログ

二次元お絵かきマンのバイクブログです。Ninja250先輩&FZ6 Fazer S2くんに乗って車載動画やブログ書いてます。

ミシュラン・パワー5とロード5、サーキット走行でインプレ

​MICHELIN POWER5 サーキットでインプレ

ご時世的に中々サーキットへ遊びに行けず、パワー5を入れてから初めてエビス東コースを完走した感想ですが

まずパワー5は先代パワーRSから派生したストリート向けスポーツタイヤで、ミシュラン公式がサーキットは想定していないと公言している峠時々あへあへツーリングおじさん向けタイヤだ。

f:id:corocoma:20210614172334p:plain

乗り心地自体も真ん中が磨り減ってクイックさが薄れたパワーRSそのもの。

ハンドリングのキレは少なく、峠を適当に流しただけでも端まで削れるツーリングタイヤな乗り味。と言ってもコンパウンド自体はそれなりの物だそうで、ならサーキットでも戦えるな!という事で走ってみると

f:id:corocoma:20210612133057j:plain

f:id:corocoma:20210612133018j:plain

f:id:corocoma:20210612112826j:plain

悪くはないしそのへんの安いツーリングタイヤに比べたら全然食う。が…それ以上の領域はちょっと無理かもと言う感じ。

感覚としては、二次旋回や立ち上がりがアンダーステア気味で開けづらく切り返しも重たい。膝もステップも擦ってないのにフロントが既に端まで削れてしまい、これ以上気合い入れるのはヤバいかもと言う予感が過る。

少なくともスパコル入れてる車両のカミソリみたいなコーナーリング速度についていくのは絶対に無理。

f:id:corocoma:20210612110903j:plain

まだ少し頑張れそうな余地はあれど、その先のエリアへ行きたいならストリートタイヤで無茶せず、素直にα14やスパコルやサーキット向けタイヤを持ってこいってこったな。

総評

総評として、パワー5はあんまり無理せず楽しく走る程度ならサーキットでもそれなりに使えるタイヤだった。アマリング削ってタイヤ毛羽立たせてきゃっきゃ言うぐらいなら不足はなし。

年に1~2回ぐらいサーキット行くあへあへツーリングマンならパワー5で十分ではなかろうか。限界はそこまで高くないけど冷えていてもグリップして、ライフと雨天性能も高く長所もたくさんあるタイヤだしな。

​MICHELIN ROAD5 サーキットでインプレ

結論から言うとパワー5とほぼ一緒。

f:id:corocoma:20210328133653j:plain

サイドコンパウンドは先代パワーRSと同等らしく、安いツーリングタイヤよりしっかり食ってくれて、それなりに良いペースで走ることは可能だ。

しかしパワー5でも同じことを言ったが、それなりのペースを超えてくるとタイヤの限界が見え始め、結果フロントからズルッと行って散りかけた(池沼)平べったいツーリングタイヤで切れ込みはダルく、頑張らないペースでもタイヤを端まで使い切ってしまいサーキットではあんまり頼りにならんな。

まぁ完全なツーリング向けタイヤのロード5にサーキット性能を求めること自体が間違いだと思うんですけど(名推理)

f:id:corocoma:20210616114549j:plain

総評

サーキット走りたければ他のタイヤ入れろ(直球)

さて他に言うこともないので、このタイヤの良い所を挙げよう。

まず16,000キロ走ってもスリップサインまで余裕があるとか、雨天性能が高すぎて豪雨の峠でも不安なしとか、性能をストリートに全振りしたタイヤでサーキット以外ならほぼ最強とも言える。実際四国と九州遠征ツーリングではよく戦ってくれたしな。

サーキットには行かずたまに峠のあへツーマンならオススメのタイヤだ。